頑張りすぎない、自分を落ち着けるための方法

最近育児書などを読んでいて感じることは、とにかくお母さんへのプレッシャーが強すぎるということです。「叱らない子育て」がその代表例だと思うのですが、子どもと本気で向き合っていればどんな聖人君子でもイライラしてしまうと思います。毎日毎日言葉の通じない子どもと24時間一緒にいれば、嫌気がさしてうんざりしてしまって当然だと思います。やってはいけないと思いながら怒鳴ったり、時には泣いているのに聞こえないふりをしてしまうこともあります。夜寝ている我が子を見て本当に申し訳なく思うこともたくさんあります。
baby7
そこでどうしても自分のイライラがおさえられそうにないときは、少し子どもと離れてみるということを心掛けるようにしています。たとえ我が子でもずっと一緒にいれば嫌にもなります。子どものためと無理して一緒に居たのですが、イライラが爆発して子どもに当たってしまうという悪循環になってしまったので、それならいっそのこと離れてみるのはどうかと思って実行してみました。
子どもが危なくないようにして違う部屋に行くのです。もちろん、ちょこちょこ様子は見ますが、泣いても少し知らん顔をして5分くらい自分一人の空間を作るのです。これによりとても気持ちが落ち着きます。

またマタニティサプリ【出展】葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング

などで内側からイライラ解消も平行して実践しています。
妊娠しやすくなりますし、また妊娠中の人はお腹の子供の栄養にもなります。

大けがしなけりゃ大丈夫、なんとかなるさの子育て方針

子どもは大人では考えられないようなことをしでかしてくれます。子どもがやることにいちいち「それはだめ」などと言っていては子どもも大人も精神的に参ってしまうと思います。そこでおすすめなのが「気にしない」子育て方法です。

気にしないといっても全てにおいてやりたい放題させるというわけではありません。食事のマナーやお友達とのおもちゃの貸し借りなど、親として子どもにしつけなければいけないことはきちんと教えます。しかし例えば、遊びに関してや本人が集中していることに関して、親として、大人として「汚いな」などと思うようなことがあっても途中でやめさせるようなことはせずに、そのまま見守るようにしています。
baby8
近所の公園をぐるっと取り囲むように用水路の規模の小川があります。ザリガニがいたりメダカがいたりとてもきれいな小川です。そういったところは子どもが大好きな場所です。そこで子どもが遊び始めるとかなり口出ししたくなります。小川の水を触った手を口に入れたり、泥んこまみれになったりして遊びます。もちろん危ないことをしたら注意しますが、こういうときは多少汚かったりしてもそのまま何も言わずに子どものさせたいようにさせています。

幼児期に大切な思考回路を構築するための方法

子供の頃にいかに夢や希望をたくさん与えてあげるかによって将来大人になった時に幸せな思考回路を保ちながら人生を歩んでいけるので、幼児期からいつも楽しい、ワクワクするといった刺激を与えてあげる事が大切です。

そのためには赤ちゃんの時から動物園や植物園、水族館、広い公園、遊園地、レジャー施設、プール、海水浴等に連れていってあげて自然や動植物と触れ合わせながら感情豊かに育ててあげる事です。

乳幼児期には外出も大変ですが、それでも可能な限り出来るだけ世の中と触れ合わせる事が大切です。

家に居る時でもたくさんの絵本を読み聞かせしてあげる事によって、世界や世の中の仕組み、文化に触れ合う事が出来ます。

絵本の空想の世界では、世界で実際に起きている事以上に幅広い想像力を鍛えていく事も可能です。

三つ子の魂百まで生きるといったことわざがありますが、実際に幼児期に構築された思考回路はそのまま一生継続していく可能性が高いので、何でもプラス思考で取り組む姿勢や何事にも興味関心を持つ事、生きる喜びといった思考を幼い時からしっかり植えつけてあげて下さい。

きっと子育てをしながら、お父さんやお母さんの思考回路も幸せモードへ自然と切り替えられていく事でしょう。
baby6

赤ちゃんにはテレビ、DVDを控えめにする教育法

最近は幼児教育がどんどん低年齢化しており、0歳からの教育ものが充実しています。英語の音源やDVDやテレビ番組も乳児でも見て分かるような物も多いです。
さらに、家事や仕事などで忙しい場合には、DVDやテレビをつけっぱなしにして、その間に用事を済ませる保護者も少なくないと思います。しかし乳児時代にはあえて、テレビやDVD、教育物の音源などは聞かせずに自然の声を多く聞かせる方法をおススメしたいと思います。
baby3
だっこやおんぶで家事を済ませることは非常に大変ですが、親の背中で赤ちゃんは、掃除機の音、洗濯機の音など色々な日常音を聞きます。さらに、時折聞こえる親の鼻歌や子守唄などを聴くと、安心して眠ってしまう事が多いです。眠ってしまえばゆっくりとベッドへ赤ちゃんを移せばよいのです。

テレビやDVDを使えば非常に簡単な事も、すべて自分でやろうとすると手間と暇がかかります。たとえば、子供用の歌が入った音源を流せば簡単ですが、自分で歌うならば調べる事も必要ですし大変です。
しかし、自分で歌ってあげたり赤ちゃんに絶え間なくしゃべりかける事で、他の子よりもしゃべるのがとても早く、言葉に対する興味がわき、ひらがなもすぐに覚えるという事がありました。
手間はかかりますが、その後の文字に対する反応や語彙能力が格段に違うので、ぜひ試して欲しいと思います。

五感を育てる方法

baby1
赤ちゃんは、本能のままに生きています。
五感で生きています。五感とは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚のことです。
ぐずっていた赤ちゃんを、外へ連れ出すと、急に泣きやんで、空をみたり、聞こえてくる音にじっと耳を傾けたりしはじめた経験はありませんか。

この時期から、ずっとベッドに寝かしているのではなく、なるべく外の空気を吸わせ、外の景色を見せて、太陽の光を浴びせ、風に当らせ、いろんな自然の刺激を赤ちゃんに経験させてあげるのは、五感の発達につながります。五感の発達は、人間の本能の発達で、赤ちゃんが成長して社会へ出ていくまでの社会性に大きく関係があるそうです。
ですから、おもちゃも安全なおもちゃをなるべく握らせたり、口へ持っていきかじらせたりすることもとても大切です。

最近では、胸の形が崩れるからと、母乳ではなく人工乳で育てるお母さんもたくさんいると聞きました。
でも母乳こそ最高の五感発達と親子のスキンシップの場で、お母さんの顔を見ることで赤ちゃんは安心し、お母さんの母乳の香りをかぎ、胸を口で含み母乳を味わい、育つのです。
赤ちゃんの、五感を出来る限り育ててあげたいものです。

また五感を鋭くするためにもサプリなどの栄養教育は必須なのかと・・・・・

赤ちゃんのサプリガイドはコチラ