語学力をマスターするための幼児教育法

baby9
人間が生まれてから3歳ぐらいまでの間が一番音を聞き分ける領域が広いと云われています。

これを幼児教育として活用しない手はありません。

そのためには日本語だけでなく英語、フランス語、中国語、ドイツ語、イタリア語といった風に様々な国言語のCDを聞かせながら、その音を聞き分ける力を出来る限り存続させていく事が大切です。

0歳から1歳、2歳と歳を取るにつれて、日本語だけの環境で育っている赤ちゃんの耳は次第に日本語の音域に慣れてしまって、その他の言語の音域を聞き取る力が衰えてきてしまうのです。

それではせっかく生まれ持った才能を活かす事が出来ないので、音域を広げる訓練を積む事が大切です。

特に英語と日本語の周波数はかなり違うのでネイティブな英語は通常の日本人はヒアリングしずらいといった難点があるので、英語の学習を幼児期から慣れされておくと良いでしょう。

英会話教室に通わなくても、幼児用の英語のCDの曲を赤ちゃんと一緒にハミングしたり、英単語に慣れされるだけでもOKです。

大切なのは、簡単な英語でも良いので耳を慣れされながら育てていく事です。

人間の音域についての知識を親達がもっと知っていたら、きっとその国の子供達は高い語学力を習得していける事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です