幼児期に大切な思考回路を構築するための方法

子供の頃にいかに夢や希望をたくさん与えてあげるかによって将来大人になった時に幸せな思考回路を保ちながら人生を歩んでいけるので、幼児期からいつも楽しい、ワクワクするといった刺激を与えてあげる事が大切です。

そのためには赤ちゃんの時から動物園や植物園、水族館、広い公園、遊園地、レジャー施設、プール、海水浴等に連れていってあげて自然や動植物と触れ合わせながら感情豊かに育ててあげる事です。

乳幼児期には外出も大変ですが、それでも可能な限り出来るだけ世の中と触れ合わせる事が大切です。

家に居る時でもたくさんの絵本を読み聞かせしてあげる事によって、世界や世の中の仕組み、文化に触れ合う事が出来ます。

絵本の空想の世界では、世界で実際に起きている事以上に幅広い想像力を鍛えていく事も可能です。

三つ子の魂百まで生きるといったことわざがありますが、実際に幼児期に構築された思考回路はそのまま一生継続していく可能性が高いので、何でもプラス思考で取り組む姿勢や何事にも興味関心を持つ事、生きる喜びといった思考を幼い時からしっかり植えつけてあげて下さい。

きっと子育てをしながら、お父さんやお母さんの思考回路も幸せモードへ自然と切り替えられていく事でしょう。
baby6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です