チョコレートをお出かけの必殺アイテムにする方法

赤ちゃんの育て方でこだわったのは、おやつです。なるべく手づくりをしました。そんなに凝ったものは作れなかったのですが、家で作ると糖分を抑えられます。食材の自然の甘みを利用したおやつは、飽きがこないみたいです。同時に、冷蔵庫にはお茶と牛乳と無縁のトマトジュースしか置かないようにしました。よく冷えているとゴクゴク喜んで飲んでくれます。

清涼飲料水はやはり糖分が多く、ご飯をあまり食べなくなると思い買わないようにしていました。健康面のほかに意外な利点がありました。こうして小さい頃を過ごした子たちは、市販のお菓子が特別なものになります。どこかへ家族でお出かけをするときには、内緒でチョコレートを持っていきます。散歩をしている時などに、だんだんぐずってきたら「あの木のところまで歩くと、魔法で何かがでるかもしれないよ」と言って歩かせます。

そこで、チョコレートをひとつ手品風に出すのです。すると喜んでまた次の目的地まで歩いてくれます。食事の時も、チョコレートは必殺アイテムになりました。親も楽しみながら子育てができたと思います。
baby2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です